出金伝票 書き方

個人事業者の出金伝票の書き方

川´・_・`リ 「あのー、先生」→アシスタントのサキ

 

税理士の福島「はい、なんでしょう?」

 

サキ「ア○ゾンから何か届いていますよ」

 

福島「おっ!真野ちゃんのCDだ!」

 

川´・_・`リ 「……私物ですか?」

 

福島「あ、そういやそうだ。うっかり送付先を間違えてしまいましたね」

 

サキ「ってゆうか、先生の趣味って不思議ですね」

 

 

福島「それでは、そろそろ質問に入りましょうか」

 

サキ「はい、質問読みますね」

 

レシートや領収書がないときは出金伝票を書けば良いと聞きましたが、書き方がわかりません。

 

また、出金伝票は100円ショップで売っているもので大丈夫ですか?

 

よろしく願いします。

 

福島「出金伝票については、気になる人が多いみたいですね。」

 

サキ「確かに、このブログも『出金伝票の書き方』で検索する方が多いですね」

 

福島「出金伝票は、100円ショップや文具店で手に入ります。それでは、出金伝票の見本をごらんください」

 

 

サキ「けっこう空欄が多いですね」

 

福島「そうなんです。まじめに書くと手間ばかりかかりますからね」

 

サキ「え?手抜きしていいんですか?」

 

福島「うーん、手抜きじゃないんですよ。ポイントが決まっていましてね。」

 

・日付
・何に使ったか
・どこに支払ったか
・金額

 

福島「この4つが分かればよいのです。」

 

川´・_・`リ「でも、支払先が空欄ですよ」

 

福島「あ、今回は摘要欄に相手先も書いちゃいました」

 

サキ「今回の例だと、6月21日にセミナーの懇親会で◯◯というお店に3,500円支払ったと分かるからOKってことですか?」

 

福島「そういうことです。」

 

サキ「なるほど、それだけ伝わればいいから、ナンバーとかコードとかは空欄なんですね。ハンコも押さなくていいんですか?」

 

福島「大企業とかだと、そのあたりのことも重要なんでしょうけど、個人事業者は、上に書いた4つのことが伝われば問題ないです」

 

サキ「わかりました!」


 
確定申告の依頼 よくある質問 サービス一覧 無料メールセミナー 確定申告入門メルマガ お問合せ・アクセス